グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



鈴木学園について

ホーム  > 専門学校中央医療健康大学校  > 理学療法学科

理学療法学科

リハビリテーション医学は予防医学・治療医学とならぶ第3の医学とよばれています。


理学療法学科

■定員 男女40名/■修業年限 4年(昼間)/■取得資格 理学療法士国家試験受験資格

チーム医療という考え方の中で、理学療法士(PT:Physical Therapist)は重要な役割を果たします。 経験豊富な講師たちによる多くの実習。 知識と技術・コミュニケーション能力を身につけることのできる学習内容で、 国家資格取得を目指します。

理学療法士とは

理学療法士とは、厚生労働大臣が定める医療国家資格の1つでリハビリテーションの一翼を担う職業です。
主に病院や介護保険施設などで医療関連職と連携して身体の障害のある方に対し、運動療法や物理療法を用いて治療を行います。
理学療法士は、座る・立つ・歩くなどの基本的動作に問題がある患者様と最初に接する職種ともいえます。
その中で患者様と共に悩み、考え、努力し、回復の喜びを共に分かち合える心を持つことも大切になります。

取得可能な資格

カリキュラム・授業紹介

理学療法学科の様子

理学療法学科の様子

医学英語・運動科学・社会学・現代文・情報科学・心理学・解剖学・生理学・運動学・人間発達学・病理学・一般臨床医学・衛生学・スポーツトレーナー技術論・理学療法概論・運動療法学・理学療法評価学・物理療法学・義肢装具学・日常生活活動学・薬理学・臨床実習など

理学療法士の活躍フィールド

  • 総合病院
  • 診療所
  • 介護保険施設
  • 介護福祉施設
  • 養護施設
  • 保健所などの行政機関
  • スポーツ分野

etc

活躍する先輩

理学療法学科 4年
山西 涼太 さん

自分の経験を活かし、信頼される理学療法士になる。

高校時代、サッカー部でケガをした時、通っていた病院でリハビリに携わってくださった理学療法士の方をみて、この職業に就きたいと思うようになりました。そしてオープンキャンパスに参加した際に優しく熱心な先生が多く、「この学校しかない!」と思い学校を決めました。勉強量や覚えることが多くて大変ですが、優しく熱心な先輩、先生方ばかりで充実した毎日です。将来はスポーツ整形外科などに勤め、信頼される理学療法士になるために頑張っています。

卒業生の声

2014年度 卒業
山の上病院(清水区)
石川 大智さん

「人」に関わる仕事に就きたいと思っていました。その中で理学療法士は直接人の生活に関わり、人生を左右する、責任のある、やりがいの仕事だと感じ、理学療法士を目指そうと思いました。学校は、カリキュラムがしっかりし、4年間でじっくり学びたいと考え選択しました。
理学療法士になり、現在は長期療養を目的に入院されている方のリハビリを中心に、在宅、透析患者様のリハビリも行っています。リスク管理を徹底し、患者様のニーズに合うリハビリを実践しています。
リハビリは、人生の予後にとても関わる仕事です。「もっと頑張ってこの人を良くしてあげたい」と思える仕事です。「医療」という「生命に関わる仕事」は日々勉強ですが、その分、やりがいもあり、楽しく素晴らしいと感じています。
今後は、回復期のリハビリも経験し、視野を広げ、在宅復帰型老人保健施設でのリハビリも行いたいと考えています。これからの理学療法士は更に専門性が求められるので、更なる勉強をしていこうと思います。
理学療法士になる為の勉強は、最初は難しく感じるかもしれません。しかし、理解できるととても楽しく、教えていただくことに無駄は1つもありません。根気よく勉強し、立派な理学療法士になってください。