グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



鈴木学園について

ホーム  > 鈴木学園について  > 職業実践専門課程

職業実践専門課程

静岡県内で先駆け!調理・製菓・歯科衛生の職業実践専門課程として認定!


当学園の職業実践専門課程

静岡県内の他校に先駆け、平成25年2月17日付けで中央調理製菓専門学校静岡校の調理経営学科(現:上級調理経営学科)と製菓衛生師科、中央歯科衛生士調理製菓専門学校の調理経営学科(現:高度調理経営学科)と歯科衛生士科(現:歯科衛生学科)が文部科学大臣から職業実践専門課程として認定されたのに続き、平成28年2月19日付で専門学校中央医療健康大学校の理学療法学科および鍼灸健康学科(現:トータルケア鍼灸学科)も職業実践専門課程として認定されました。
またスポーツ柔整学科も平成29年2月28日付けで職業実践専門課程として認定されております。
これは長年にわたる本学園の教育への真摯な取り組みと質の高い教育内容が評価されたものと考えています。

職業実践専門課程とは?

専修学校の専門課程であって、職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成することを目的として専攻分野における実務に関する知識、技術及び技能について組織的な教育を行うものを、「職業実践専門課程」として文部科学大臣が認定して奨励することにより、専修学校の専門課程における職業教育の水準の維持向上を図ることを目的とするものです。
文部科学省ホームページより)

職業実践専門課程に認定されるには

  • 修業年限が2年以上
  • 企業等と連携体制を確保して、授業科目等の教育課程を編成
  • 企業等と連携して、演習・実習等を実施
  • 総授業時数が1700時間以上または総単位数が62単位以上
  • 企業等と連携して、教員に対し、実務に関する研修を組織的に実施
  • 企業等と連携して、学校関係者評価と情報公開を実施