グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



鈴木学園について

ホーム  > 専門学校中央医療健康大学校  > 歯科衛生学科

歯科衛生学科

歯科衛生士は人の笑顔を輝かせるお仕事です。


■定員 男女35名/■修業年限 3年(昼間)/■取得資格 歯科衛生士国家試験受験資格

歯を健康に保つことを予防歯科といい、歯科助手ではできないこの仕事をする歯科衛生士は人々の健康を守るやりがいのある仕事です。

歯科衛生士とは

歯科衛生士は歯科衛生士法にもとづいた国家資格で、診療補助・歯科予防処置・保健指導を行うことができます。 全身の健康を守るためには歯を健康に保つことが大切であるという理解が進み、命だけではなく歯の寿命も長くすることが求められています。 歯科医療は「治療から予防へ」転換をしています。歯科予防のプロとなるのが歯科衛生士であり、高齢化社会の現代では必要不可欠な職種です。

歯科予防処置

虫歯になりにくい薬を塗ったり、歯周病を防ぐために検査をしたり、歯についた汚れを専門的な道具で取り除きます。

歯科診療補助

歯科医師の指示のもと、歯科治療のアシスタント、患者さんのサポートや口腔ケアを行います。

歯科保健指導

お口の健康を守るため、歯磨き指導、栄養指導、生活指導や教育を行います。

豊富な実習内容

歯科衛生学科では、地域の皆様や患者様に信頼される、臨床に強いプロフェッショナルを育成するために、学内・学外問わず多くの実習を行っています。

歯科予防処置

歯科予防処置
歯周病予防技術の理論を学び、基礎技術のトレーニングを模型やマネキンを使用して行っています。

歯科診療補助

歯科診療補助
歯科診断における基本となる器具、機材の知識・操作技術を習得します。

臨床実習

臨地実習
歯と口の健康週間で、地域の健康活動に参加。健康教育方法を学びます。

臨床実習

臨地実習
中学校で、ブラッシングの教育・指導実習を行います。

取得する資格

活躍する先輩

歯科衛生学科 3年
鈴木 萌衣さん

『人が楽しく生活する』そのお手伝いができる魅力ある仕事です!

高校生の頃から「手に職」「資格」を取りたいと考えていました。
幼い頃から歯科医院に頻繁に通っていたこともあり、そちらで働いていた歯科衛生士のように、患者さんに寄り添い、優しく接し、かつ丁寧な治療ができる歯科衛生士を思い出し、職業研究をしていくうちに魅力を感じ、目指そうと思うようになりました。
学校は最新の設備で知識・技術を身に着けることができることと、他の医療のがっかと連携し、チーム医療が学べる!ということに惹かれ、この学校を選びました。
毎日実習や講義など学ぶことは多いですが、「食べること」「人とおしゃべりする」「表情」など、『人が楽しく生活する』ことに関わる職業で、国家資格でもあり、魅力いっぱいの職業です。
学んだ知識・技術・そして医療の心を活かして職場にも患者さんにも必要とされる歯科衛生士になるため同じ目標をもつ皆と一緒に頑張っています。

活躍フィールド

就職先は、どの学校でも90%以上が歯科医院ですが、その他にも総合病院口腔外科、保健所、市町村保健センター、介護保険施設、介護福祉施設、障害者医療センターなど多岐に渡ります。今、歯科衛生士は大変に不足している状態で、就職は100%です。

カリキュラム

本校では、即戦力となる歯科衛生士となるために、学内実習を中心に様々な座学や小学校・中学校・地域のイベントなどでの臨地実習、歯科医院や総合病院などでの臨床実習をカリキュラムに入れております。

●基礎分野
 ・生命現象の科学 ・歯科英語 ・コミュニケーション論 …等
●専門基礎
 ◆人体(歯・口腔を除く。)の構造と機能
  ・人体の構造と機能 ・栄養と食生活 …等
 ◆歯・口腔の構造と機能
  ・歯と口腔の構造と機能 …等
 ◆疾病の成り立ちと回復過程の促進
  ・病因と病態 ・薬物と人体 …等
 ◆歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み
  ・歯と口腔の健康と予防 ・歯科衛生士と法律・制度 ・基礎歯科医学総合 …等
●専門分野
 ◆歯科衛生士概論
  ・歯科衛生学総論 …等
 ◆臨床歯科医学
  ・歯周疾患療法 ・歯科矯正 ・画像検査法 …等
 ◆歯科予防処置論
  ・歯科予防処置Ⅰ ・歯科予防管理法 …等
 ◆歯科保健指導論
  ・歯科保健指導Ⅰ ・歯科衛生教育Ⅰ …等
 ◆歯科診療補助論
  ・歯科診療補助Ⅰ ・歯科診療補助Ⅱ ・歯科診療補助Ⅲ
 ◆臨地実習(臨床実習を含む。)
  ・臨地実習Ⅰ ・臨地実習Ⅱ ・臨地実習Ⅲ
●選択必修分野
 ・口腔機能リハビリテーション ・基礎看護・介護技術演習 ・卒業研究Ⅰ …等