グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



鈴木学園について

ホーム  > 専門学校中央医療健康大学校  > 理学療法学科

理学療法学科

リハビリテーション医学は予防医学・治療医学とならぶ第3の医学とよばれています。


理学療法学科

■定員 男女40名/■修業年限 4年(昼間)/■取得資格 理学療法士国家試験受験資格

チーム医療という考え方の中で、理学療法士(PT:Physical Therapist)は重要な役割を果たします。 経験豊富な講師たちによる多くの実習。 知識と技術・コミュニケーション能力を身につけることのできる学習内容で、 国家資格取得を目指します。

理学療法士とは

理学療法士とは、厚生労働大臣が定める医療国家資格の1つでリハビリテーションの一翼を担う職業です。
主に病院や介護保険施設などで医療関連職と連携して身体の障害のある方に対し、運動療法や物理療法を用いて治療を行います。
理学療法士は、座る・立つ・歩くなどの基本的動作に問題がある患者様と最初に接する職種ともいえます。
その中で患者様と共に悩み、考え、努力し、回復の喜びを共に分かち合える心を持つことも大切になります。

4年制のため高度専門士を取得できます。

  • 4年制大学卒業者と同等の学力がある人材であることの証明です。
  • 取得できる学校は、文部科学省が認めた高い知識や技術を得られる学校という証明です。
  • 就職活動時のアドバンテージが高くなり専門技能を修得してきた実力は正しく評価されます。
  • 「高度専門士」は大卒の「学士」とほぼ同等の称号としてみなされ大学院への進学ができます。

理学療法学科5つのポイント

1.1年次からの現場経験

実習風景

1年次より、臨床実習を実施し、各学年の学びに合わせて臨床経験をすることができます。そのため卒業後の対応力に圧倒的に差がつきます。

2.地域で活躍する理学療法士の講義

Jリーグ清水エスパルス育成部で活躍する理学療法士や病院、介護施設など、臨床現場で働く理学療法士の講義を校内で受講することができます。

3.「一人一人に寄り添う心」の教育

障碍者施設研修や障がい者スポーツの学習を通し、生き甲斐やその人らしさをサポートできるように、一人一人に寄り添う心を育みます。

4.対外的メディカルサポート

高校野球やB・LEAGUE(バスケットボール)などの大会で選手のサポート活動に参加しています。

5.多様性に富んだ国家試験対策

1年生から4年生まで各学科の到達度に合わせた国家試験対策講義を行っています。

国家試験対策の内容
  • 1年次からの国家試験対策授業
  • 1~3年生合同到達度テスト実施
  • VSC(国家試験対策プログラム)最新ソフト導入
  • チューター制(学校生活の個人指導制度)
  • Active Learningを用いたグループワーク学習
  • 保護者との連携強化(保護者説明会と状況報告)
  • 夜間や土曜日の補講体制
  • 業者模試を活用した成績分析
  • 国家試験対策担当教員の配置

取得可能な資格

カリキュラム・授業紹介

理学療法学科の様子

理学療法学科の様子

医学英語・運動科学・社会学・現代文・情報科学・心理学・解剖学・生理学・運動学・人間発達学・病理学・一般臨床医学・衛生学・スポーツトレーナー技術論・理学療法概論・運動療法学・理学療法評価学・物理療法学・義肢装具学・日常生活活動学・薬理学・臨床実習など

活躍フィールド・就職サポート

  • 総合病院
  • 診療所
  • 介護保険施設
  • 介護福祉施設
  • 養護施設
  • 保健所などの行政機関
  • スポーツ分野

etc

就職サポート・就職実績については、就職サポートのページをご覧ください。

活躍する先輩

理学療法学科 2年
服部 和也 さん

リハビリの経験から理学療法士を目指しています!

中学・高校の時、サッカーをやっており、ケガをした際に理学療法士の方のお世話になることがありました。その時、その技術や自分の思いを聞き取ってくださる姿勢にとても感銘を受けました。理学療法士という仕事の素晴らしさを知り、また、超高齢社会・健康を考える時代に将来重要視される仕事だと思い、この職業を目指そうと思いました。学校選びの際には、オープンキャンパスに参加し、充実したカリキュラム内容や、先生や先輩方の話からもとても良い学校だと感じ、この学校への入学を決めました。勉強は医療の勉強ということで覚えることが多くて大変です。でも、友達と一緒に勉強をしたり、サッカー部で試合をしたりと楽しいことも一杯です。今、飲食店でアルバイトをしていますが、そこでも医療人となるため、挨拶をしっかりとすること、なるべく色々な方とコミュニケーションをとることを心掛けています。将来は整形外科のクリニックやスポーツリハビリテーションの分野で活躍をしたいと思っています。

卒業生の声

2017年度 卒業
城西クリニック(清水区)
理学療法士 渡辺 俊介さん

幼いころから「人と深く関われる仕事」「直接誰かの役に立てる仕事」に就きたいと思っていました。野球部でケガをし、最後の大会に出場できないと言われ、とても落ち込んだ時、理学療法士の先生が身体面だけでなく心のケアをしてくれ「私の目指す仕事はこれだ!!」と思い、理学療法士の道を選びました。
現在は脳卒中や難病などの患者様のリハビリを担当しています。外来の方が多いので生活環境を把握し、より過ごしやすくなるよう住環境整備や自主トレメニューを考え、生活の中にリハビリが活かせるよう働きかけています。小さな変化でも患者様にとっては大きな一歩であり、できることが増えるととてもうれしく感じます。理学療法士は様々な分野での活躍が期待されているので、少しでも患者様の力になれるように勉強し続けたいと考えています。理学療法士は患者様から元気をもらったり、お互いが支え合える素敵な仕事です。「寄り添いの心」を持って勉強してください。