グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



鈴木学園について


調理コース

専門性をもつ料理のプロに


2年次 総合応用調理

和洋中の幅広い技を習得する
和洋中の料理について、総合的な技能を身につけていきます。

2年次 専攻別実習

料理についての高い専門性を身につける
少人数指導で更に技術力アップ

日本料理コース

繊細な和の神髄を学ぶ

板前の腕を決める「包丁さばき」の基本を身につけるとともに、懐石料理などの日本料理に欠かせない「煮る、焼く、蒸す、揚げる、和える」などの調理方法を学んでいきます。

西洋料理コース

芸術的な創造性を追求する

伝統的なフランス・イタリア料理から、最近流行りのヌーベルキュイジーヌなど、多彩な西洋料理の下味や隠し味から、盛りつけの技、メニュー組み立てまで、プロのテクニックを学びます。

中華料理コース

炎と調理器具を自由自在に操る

北京、上海、四川、広東など地方によって味も特色も様々である中国料理。様々な中国料理をマスターするために、『火』の加減を知り、独特の調理器具を使いこなす技を学びます。

学生からのメッセージ

後藤良介 Ryosuke Goto

後藤良介さん

少人数でより専門的な専攻別実習
三島校 調理経営学科 西洋料理コース/伊東商業高校卒

2年次からは日本料理・西洋料理・中華料理と3つのコースに別れ専攻別実習が始まります。私はその中で西洋料理を選びました。フランス料理は時間をかけてゆっくりと味を作っていくことが大切です。専攻別実習は少人数なので、西洋料理の先生からフランス料理の歴史や地方の特色なども学ぶことができました。また、様々な食材の知識や下処理の方法までとても細かく教わることが出来たので、今後職場で活かしたいと思います。そして、食事研修では一流のフランス料理店で料理の奥深さを知ることができ、調理の世界に入ることへの期待と楽しみが増えました。