グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



鈴木学園について


レストラン研修

本格的なフルコースメニューを体験

学内のレストランで行う、本番さながらの研修です。前菜から、メイン、デザートまでの本格的なフルコースを提供します。メニューづくり、コスト計算、調理、接客サービスなどの全てを学生のグループだけで行い、お互いが力をあわせてレストランを運営することで、実務能力を磨いていきます。


研修のメニュー例

西洋料理

前菜

蒸し鶏と空豆のボンボン仕立て ガスパチョスープ

魚介のパートブリック包み焼きとラタトゥイユの夏仕立て香味ソース

メイン

魚介のパートブリック包み焼きとラタトゥイユの夏仕立て香味ソース

柑橘類のテリーヌ・牛乳とはちみつのアイス

デザート

柑橘類のテリーヌ・牛乳とはちみつのアイス

日本料理

前菜

お椀 牡丹鱧

松花堂弁当

メイン

松花堂弁当

デザート

水菓子

中国料理

 棒々鶏・ウドと人参のきんぴら・ホタルイカの卵黄ソース掛け

前菜

棒々鶏・ウドと人参のきんぴら・ホタルイカの卵黄ソース掛け

メイン

エビのチリソースがけ

デザート

杏仁豆腐

レストラン研修フロー

1.メニューの相談
<1か月前>
10人で意見をぶつけあうが、なかなかまとまらない。みんなやりたいものが違うので、大変。激論が続く。
2.試作
<1週間前>
「ベーグル・オムレツ・グラタン・にんじんのラペ」に決定。早速試作し、先生も確認していただく。
3.仕込み
<前日>
仕込みは前日の午後から。担当はテリーヌ。レバーをミンチにして、玉ねぎを炒めて、型に入れて焼く。
4.調理
<当日>
いよいよ研修当日。レストランを掃除したら、料理部門とサービス部門に分かれて、研修開始。
5.接客
<当日>
ウェイターとして接客サービス。メニューのポイントをお客様に説明。おいしいそうな笑顔がとれも嬉しい。
6.反省会
<当日>
グループのメンバーとの反省会。一人ひとり調理や接客についての感想を発表。反省点は、次のレストラン研修で活かす。