グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



鈴木学園について

ホーム  > 中央調理製菓専門学校静岡校  > 上級調理経営学科

上級調理経営学科

3つの専攻コース+レストラン実習
料理人として、社会人として、通用する実力を磨く。

一流の料理人に必要な技術と知識を身につけるだけでなく、将来の独立などを視野に置き、
飲食店の経営に欠かせない経営センスも磨いていきます。
本校の調理経営学科には基礎技術の定着と高度な専門技術の獲得まで、特色のある教育プログラムが用意されています。


調理・製菓のプロになる

1・2年次 専門学科

基礎から「食」について学ぶ
食の世界では高いレベルの衛生知識が要求されます。本校では衛生に関する実習や、実験を通じて学ぶ調理化学など、実践的に学べる座学授業が用意されていますから、解りやすく、衛生への理解が深まります。

店舗の経営についても学ぶ
本校には、自分のお店を持つという夢を持っている学生がたくさんいます。その時に大切なのが、経営や店舗マネージメントの知識。将来の独立開業や料理長などの立場になることも視野に入れて、店舗の経営や運営に欠かせない知識を学びます。

教養学、フードコーディネート、色彩学、英語などバラエティに富んだ学習科目。
調理の世界は実に幅が広いものです。お客様に喜んでいただくためには、美味しい料理を作るだけでなく、テーブルの演出や、おもてなしの知識が欠かせません。
本校では、フードコーディネート、色彩学、英語など、料理の世界はもちろん一般社会でも役立つ豊かな教養を身につけます。

料理の基本から応用まで

1年次 調理実習

包丁のにぎり方から学ぶ
包丁のにぎり方、野菜の切り方、ソースや揚げ物、焼き物など、日本・西洋・中国料理の基本的な技術を学びます。

  • エマンセ・ジュリエンヌ:まっすぐに厚みが均一にとれるように。
  • オムレツ:火加減とフライパンの使い方を習得。
  • 大根の桂むき:熱さは約1mmで均等に切れ目なく。
  • 炒(チャオ):中華鍋がちゃんと振れるコツをつかむ。

2年次 総合応用調理+専攻別実習

総合応用調理
日本料理・西洋料理・中国料理を幅広く学び、オールラウンドな料理の力を身につけます。
2年次 専攻別実習
専攻別に3つのコースに分かれ、希望分野に重点をおいた実習を行います。

日本料理コース

西洋料理コース

中華料理コース

調理経営学科の特色

少人数制
少人数制の指導形態をとっていますので、きめ細やかな指導を受ける事ができます。
レストラン研修
2年生からは学内のレストランで、仕込みを始めとした開店準備から調理、接客サービスまで、実際にお客様を相手に実習するレストラン研修がはじまります。
教養学
旨み、チーズ、ワイン、日本茶、葉蘭、テーブルコーディネート、コーヒーなど、幅広い分野の知識が習得できる講座が揃っています。
専攻別実習
2年生になると総合応用実習に加えて日本料理、西洋料理、中国料理、カフェスイーツの3コースから1つを専攻します。分野を絞ってより高度な技術と知識を身につけます。
外部との企業連携・コレボレーション
シズカン、おまちバルなどの街をあげたイベントや、セノバ、マークイズ、静岡VFなどの各企業とコラボレーションしております。